「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

そして、東へ。

ハワイから北西へ8時間ほどで、日本へ。

彼と私と、それぞれの実家で数日を過ごし、
親戚に会ったり、
家族と出かけたり、
友人達と再会したり、
結婚式に出席させていただいたり。

楽しくも、忙しく、
時の流れと、変化と、その節目とを感じる滞在でした。

d0078978_811048.jpg


d0078978_8184017.gif
後ろ髪を引かれつつ、今日、これから飛行機に乗って、東の方へ向かいます。
次の更新は、アメリカから!
[PR]
by SammyFelix2006 | 2007-11-26 08:02 | Daily Life

旅日記

1週間ほどご無沙汰していましたが、
9日から14日まで、オアフ島に行ってきました。

かつての職場の後輩でもあり、友人でもあるAlicesyさんが、
10日、オアフ島で結婚式を挙げ、
それに出席させていただいたのです。

眩しいくらいに陽のさしこむガラス張りの教会で、
私達夫婦と、終始にこやかなスタッフの皆さんが見守る中での、
とても2人らしい、ほのぼのとした式でした。

南の島での結婚式は、青い空と海がきれいで、
Alicesyさんはお姫様みたいに可愛くて、
見つめあって微笑んでいる2人が、本当に幸せそうで、
ちょっと、泣きそうになってしまいました。(笑)

d0078978_634855.jpg


d0078978_763590.gif
結婚式の後は、また、飛行機に乗って、
今度は北西へ!
[PR]
by SammyFelix2006 | 2007-11-18 06:33 | Daily Life

d0078978_18524492.gif
ちょっと、旅に行ってきます。

      行き先は、(たぶん)南西の方。

      更新は、しばらくお待ちくださいませ。

                         Sammy
[PR]
by SammyFelix2006 | 2007-11-09 01:52

砂浜の貝殻

先日、初めて、Thrift shopに行ったという話を書きましたが、
実は、あれから、何回も行っています。
週に2度も行ってしまったりして、自分でもちょっとあきれています(笑)

行くたびに、ちょっとずつ品揃えが変わっていて、面白いし、
おおっ!というものが、1ドル、2ドルで売ってると、思わず手が出てしまうし。

ということで。

先日に続き、corning社の“ブルーコーンフラワー”。
蓋つきでした。
d0078978_11383145.jpg

こちらは1人分を作るのにちょうど良い、小さなフライパン。
レンジも、オーブンも、可です。
d0078978_1138455.jpg


そして、American Airlineの食器。
ファーストクラスかビジネスクラスで、使われていたものかなと思います。
今は、机の上において、
クリップやUSBメモリなど、細々したものを入れるのに使ってます。
d0078978_11402310.jpg


Old Pylexの白いボウル。
光に透ける感じがきれいです。
d0078978_11453556.jpg

同じくOld Pylexのオレンジのボウル。
d0078978_11464766.jpg

ボウルは、なにか、ちょっとしたものを差し上げる時に、
これに入れてラッピングしてもいいかなあと思ったりしています。

たくさんの物の中にあっても、独特の質感が目を惹きます。
で、思わず手にとって、そして買ってしまうんですよね。
Thrift Shopでの買い物って、
砂浜にいくと、思わず貝殻を拾い集めてしまうときの感じと、よく似てるかもしれません。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2007-11-07 19:04 | Daily Life

メッセージ

竜之介氏のブログで紹介されていた、「天国からのメッセージ」

これは、天国にいる自分から、今の自分にメッセージが届く、というもの。

面白そうなので、やってみました。

「 2007年のわたしへ。
 元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
 わたしは83歳で、つまり西暦2057年に、生涯を終えます。
 思えばいろんな事があったけれど、我ながらなかなか良い人生でした。

 だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
 それは2010年の夏のこと、わたしはある富豪の還暦祝いパーティーに招待されます。
 その後に起こる出来事が人生を大きく左右します。 細心の注意をはらってください。

 最後にひと言、83年間生きてみて思ったのは
       「とんでもない出来事こそ、いい思い出なんだ」ってこと、なんてね。

 それでは、またいつか会いましょう。
 みんなに、よろしく。

                                      - 2057年の天国にて 」



富豪の、還暦祝いパーティー。。。
なんだか、豪勢な話だけど、そんな知り合いできるんだろうか、あと3年で。

しかも、83歳かあ。
個人的に、もっと長生きしちゃうもんだと思ってました。
83歳なら、いい年齢かなって思います。ちょっと安心(笑)


彼のもやってみました。

「2007年の僕へ。
  元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
  僕は68歳で、つまり西暦2043年に、寿命を全うして生涯を終えます。
  思えばいろんな事があったけれど、我ながらなかなか良い人生でした。

  だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
  それは 2013年のある寒い日の出来事です。
  僕はほとんど運命的に、大阪の吹田へでかけることになります。
  そこで人生のクライマックスといえる出来事が起こります
  怖がることではありません。楽しみにしていてください。

  最後にひと言、68年間生きてみて思ったのは
                「やっぱり、人は外見だな」ってこと、なんちって。

  では、また。
  がんばれ!

                                       - 2043年の天国にて」


これによれば、
私は、14年間も未亡人生活をおくることになりますねー。(T-T)

それにしても、運命的に、大阪の吹田?!
そこで、なにが?!
なんとなく、たのしみです。

d0078978_7575797.gif


ところで、これをしていても思い出したのですが、
私、人生で一度だけ、占いに行ったことがあるんです。

その時、その占いの方に、
 ― あなたは、海外に縁がありますね。
っていわれたのです。
  ― 旅行に行く、仕事で行く、とかそういう程度じゃないですね。
って。
あと、“すごく家庭を大切にする、という人生ですね”とも。

まだ、今の彼とはただの友達で、
特別な関係になるなんて、ましてや結婚するなんて夢にも思っていない頃です。
仕事第一!で、結婚するなら奥さんが欲しいと思っていた頃でもあるし。(笑)

なのに、今や、海外に住んで、専業主婦ですから。
占いって、ちょっとすごいかも?

d0078978_11295393.gif
Sammyの台所、久々に更新。今日は、まぐろの料理
[PR]
by SammyFelix2006 | 2007-11-05 15:39 | Daily Life

THRIFT SHOP

先日、初めて、thrift shopのひとつ「GoodWill」を覗いてみました。
("thrift shop"は、いわゆるリサイクルショップで、売り上げは慈善事業に使われます。)

なぜ、このお店に行ってみたかといえば、
あめんこさんのブログを拝見したり、
"古いもの"好きの友人の話を聞いていて、
アメリカの古いものに興味が出てきたから。

倉庫みたいな店内には、洋服からおもちゃ、食器、家具、本などなど、
ありとあらゆるものがごちゃっごちゃっと、並べられていて、
中には、手作りの食器も。
しかも、それなりの値段(といっても、全体的に格安)がついていたりして面白い。

色々見てまわって、
行った日が、たまたま50%OFFの日だったこともあり、
幾つか、目に付いたものを購入してきました。

そのうちのひとつがこちら。
白地に青、の感じが良かったのです。
d0078978_6223898.jpg


中には、こんな風に目盛りがついています。
アメリカの計量カップは、日本よりも大きめで、1カップが約240ml。
なので、1ℓ近く入る大きさです。
d0078978_6255893.jpg


外側には、"CORNING WARE""SAUCE MAKER"とあります。
でも、これで、どうやってソースを作るのさ、と思いつつ、
探していた、植木鉢うけによさそう、と思って買ってきました。
d0078978_6334966.jpg


調べてみたら、
このデザインは、"ブルーコーンフラワー"という名前で、
もともとは、こんな風にハンドルをつけて、
ソースパンとして使えるようになっているとのこと。(ebayより。)

d0078978_752626.jpg

真っ白なので、これを火にかけていいの?
と心配になってしまいますが、大丈夫なんですねー。

Cornig社というのは、
古くはエジソンの電球、最近ではハッブル望遠鏡を作ったガラスメーカーで、
Pyrexは、この会社の製品なんだそう。

この器、結局、植木鉢受けにはちょっと大きすぎ、
今はキッチンにおいて、料理を作る時に出る野菜くず入れにしています。
使う時は、こんな風にビニール袋をかけて。
d0078978_791779.jpg


かねてから、ディスポーザーに生ごみを流すのには抵抗があるし、
でも、三角コーナーは売っていないし、不便にしていたのです。

これだと、口が広くて深さもあるので、どんどんごみを入れられるし、
作業が終わってから、きゅっとビニールの口を縛って捨てられて、
片付けも、掃除もらくらくです。 (^-^)♪
[PR]
by SammyFelix2006 | 2007-11-02 15:07 | American Culture

今度は、眼科。  (その1)

かれこれ、10年以上、ハードコンタクトを使っています。

ほとんど、朝から夜までつけている生活だったのですが、
数ヶ月前くらいから、
目が疲れるのが早くなり、
痛みや、充血も、見られるようになってきてしまい、
最近では、ほとんど入れていられなくなってしまったので、
今日、眼科に行ってきました。
d0078978_15295640.gif

家から近く、規模が大きめで、
ハードコンタクトレンズの取扱があるところ、という条件で
Mountain Viewのダウンタウンにある眼科に決め、
電話で予約して、病院へ。

個人情報の取扱いと治療についての説明・同意書へのサイン、
保険の主加入者である、彼のSSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)、会社名などを伝え、
渡された問診票に記入後、看護士さんについて、各種検査を受けます。

検査の後、診察室に移動して眼科医の診察。
コンタクトレンズは何年くらい使っているか、
今のものは、いつから使用しているか、
頻度、時間は? 使用感は?等、細かく質問があり、
実際に、メガネやレンズをつけた場合と比較しながら診察が進みます。

その結果、最近のトラブルが、
乾燥と(こちらにきて、乾燥でコンタクトレンズが使いづらくなることはよくある、とのこと)、
左眼の白目の部分に少し隆起した部分があり、
それとコンタクトがぶつかることで生じているのが判明しました。

そのため、先生の方からは、ソフトコンタクトレンズの提案が。
こちらだと、隆起した部分までレンズで覆われるため、刺激が少なくなるとのこと。
ただ、私の場合は乱視もあるので、
その矯正のために通常のものよりもレンズが厚く、
異物感を生じやすいというデメリットもあります。
金額的にも、少し高めなのかな。

そのため、
 ・ 乱視の矯正力は弱いが、薄くて使用感がいいもの、
 ・ 乱視の矯正力はあるが、厚いもの、
の、2種類のテストレンズを試し、
その使用感によって、使うレンズを決定する事に決め、今日の診察は終了となりました。

テストレンズの使用感は、今のところいいかんじ。
いつもよりも、運転している時の見え方がはっきりしている気がします’。
次回は、一週間後の受診です!
d0078978_15522315.jpg


初眼科受診で、日本とは違うなあというところは・・・、
[PR]
by SammyFelix2006 | 2007-11-01 23:45 | Daily Life