カテゴリ:Daily Life( 89 )

思案中

何度か書いてますが、カリフォルニアでは、夏は全く雨が降りません。
毎日、毎日、すごくいい天気。
そして、強い日差し。
カラッとしていて、空が青くて本当に気持ちがいい季節。

でも、植物にとっては過酷な時期でもあって、
自然に生えている植物は、大抵、夏の時期は枯れてしまいます。

d0078978_147183.gif

きれいな緑が見られるのは、晩秋から春にかけてのみ。
夏が終わって涼しくなり、雨が降る季節がはじまる今の時期は、
日々、目に見えて、山並みが緑がかっていくのがわかるほど。
紅葉とあわせて、毎日の変化が楽しい季節です。


そんな変化は、うちの裏庭(というのも恥ずかしいほど狭いけど)にも。
d0078978_13463032.jpg


うちの裏庭は、引っ越してきた時から人工芝がひかれているのですが、
そこから、小さな小さな双葉が、いっせいに芽を出しています。

この間、ふと見たら地面の色が違っていて、びっくりしてしまいました。

それも、一ヶ所からだけじゃなくて、色んなところから。

d0078978_14194470.jpg


植物の種類も、ひとつじゃないみたいです。
双葉の大きさと形が、ちょっとずつ違っていたりします。

d0078978_142113.jpg


ほとんど、土もないところから芽が出てくるなんて、すごい生命力!

と感心する反面、

あまりにもたくさんの芽が出ているので、ちょっと困ってもいて。

とりあえず、様子を見てますが、
みるたびに大きくなり、数も増え、可愛いんですけど、さてさて、これからどうしたものか。
薄緑色に代わっていく裏庭を眺めつつ、思案に暮れる今日この頃です。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-11-12 21:40 | Daily Life

Strictly Speaking by Haruki Murakami

ちょうど一ヶ月前、夫婦揃って、
U.C. Berkeleyで行われた村上春樹氏の講演に行ってきました。
(HPはこちら → “Strictly Speaking”)

d0078978_1042562.jpg
(写真はHPより。)

講演は、3部構成。
最初に、村上春樹氏が登場し、
「とんがり焼きの盛衰」の背景を英語で説明し、日本語で朗読。
その後、non-Japanese speaker のために、”Japanamerica”の著者であるRoland Kelts氏が同じ小説(英訳は”The Rise and Fall of Sharpie Cakes”)を英語で朗読。
次に、お2人が、この小説のこと、村上氏の小説に対する考え方等などについて対談をし、
最後に、会場からの質問を村上氏が答えるという形ですすんでいきました。

小説の朗読以外は英語で行われたのですが、
村上氏の英語、決して上手ではないということもあり(失礼)、私にはわかりやすくて、
また、内容が興味深くて、2時間、本当に楽しめました。

会場には、日本人もちらほら見かけましたが、大半がNon-Japanese。
意外だったのは、結構年配の方も見えていたこと。
私達同年代か、もしくはもっと若い人達ばかりかと思っていました。

彼がシャイだからか、英語での説明に限界があるのか、
突っ込んだところまで話が及ぶということは多くなかったですが、
ジョークやユーモアを交えての話に、笑いが絶えず、
私などは、村上氏の声を聞くのも、動いてるところをみるのも初めてなので
それだけで、おおっ!と思い、
エッセイの(文章の)リズムと同じ話し方だ~と嬉しくなり(笑)

一緒に行った、大の村上春樹ファンの友人(イタリア人)は、
質疑応答で、彼の質問が採用されたので、すっごく嬉しそうにしてました。

そうそう、この講演の際、ちょうど新しい長編小説を書き終えたところ、と話していたので、
来年には、村上春樹氏の最新作が読めそうですよ。
楽しみです。

Read More…はさらに、この講演のこと。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-11-11 17:39 | Daily Life

BUMP!

d0078978_1702337.gif

先週からテニスを習いだしたので、
今日も早朝から(平日よりも早起きして)クラスに参加してきました。



今日はハードだったけど、楽しかった~なんて思いつつ、車に乗り込み、
入ってくる車が途切れたところを確認して、バックし始めた瞬間、
"と、とんっ!"というような音と、いやーな圧迫感が。

ちょうど、私の真後ろに停まっていた車も、同じようにバックで出ようとしていて、
(アメリカでは、ほぼ100%の車が前向き駐車してます)
2台の車が、ちょうど真ん中辺りで、衝突したのです。

アメリカに来てから、何度か壁にすったことがありますが、
他の方の車にぶつけたことは、初めて。

あああああ、やってしまったーーーーと思いながら、
慌てて、車を元の位置に戻し、車から降りて、相手の方のところへ。

相手の方も同じように出てこられて、
お互いに、大丈夫ですか?と声をかけ、互いの無事と事故の状況を確認。

幸い、どちらもスピードが出てなかったので、衝撃も少なく、怪我もなく、
うちの車のバンパーが少しへこんで、かすり傷がついた以外は、特に問題なく、
相手の方の車に至っては、ほぼ無傷。

"こちらはダメージがほとんどないから修理の必要はないし、
 君次第だけど、どうする?保険会社に電話する?"
と、相手の方にきかれたものの、
なんと言っても初めてのことなので、どうしたらいいかわからず、
ちょっと待っていただいて、家にいた彼に電話。
事情を話し、保険会社の書類が入っている場所を教えてもらって、
相手の方と連絡先を交換する事に。

”名前、電話番号、車のナンバー、各々の保険会社の電話番号、ポリシーナンバー"
を、それぞれ書いて交換し、
こちらが保険会社に電話するかどうか(つまり、修理に保険を使うかどうか)を決めたら、
相手の方にその旨連絡する、ということを決めて、お別れしました。

その後、帰宅して、彼に車の傷を見てもらった結果、
今回は保険を使わないことになり、先ほど、その旨、先方に連絡したところです。

d0078978_1725141.gif


実は、少し前に、信号待ちをしている目の前で車の事故がおきたことがあって、
"自分が事故にあったら、どうしたらいいんだろうなあ"と、考えていたところでした。

今回の事故は、幸い、どちらも大きなダメージがなかったし、
相手の方も良い方だったけど、それでも結構動揺して、震えがきたし、
これがもっと大きな事故だったら、と思うと怖くなります。

日頃から、事故にあったときの対応を考えておかなくちゃいけないとも思ったし、
"注意一秒、怪我一生"って、当たってるなあと思った出来事でした。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-09-27 23:55 | Daily Life

次に現れたのは・・・

今朝、裏のガレージに行った彼が、
”Sammy,ちょっと来てごらん!”というので、
もしかして、またネズミ?!
と思いつつ、急いで行ってみたら、

そこにいたのは、


レモンを齧るリス!!

d0078978_10445999.jpg


一心不乱にガリガリッと皮のところを齧っては捨て、齧っては捨て、
中の果肉が出てきたところで、がぶっとひとかみ。


・・・で、
なんともいえない顔をして、去っていってしまいました。

d0078978_1048075.jpg


相当、すっぱかったんじゃないかなあ。
あんなに挙動不審になってるリス、初めてみました。
辛いもの苦手なのに、
うっかり、わさびいりお寿司を食べてしまった人、みたいな顔でしたよ(笑)
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-09-19 17:41 | Daily Life

I'm OK. I Love You.

その時、私は、ずっとしたかった仕事を始めたばかりで、
結婚なんてことは全然考えてなくて、
毎日、したくて仕方がなかった仕事のことと、
自分の生活のことばかりの毎日を過ごしていた頃。

国際結婚をして、アメリカで長く生活していた彼女は、
ニューヨークで働く旦那さんをアメリカに残し、
病床のお父様と最期の時間を過ごすために、
ひとり、日本に帰国し、私の隣の机で仕事をしていました。

そんな時に起こった、9.11の事件。

次の日の朝、
"何度かけても、ニューヨーク(の旦那さま)と電話が通じない"という彼女に頼まれて、
彼女の携帯から、旦那さまへメールを打ちました。

"ARE YOU OK?"

そして、返事のないまま、時間は過ぎ、終業時刻になり・・・。
職場を出て、駅へ向かう道沿いの小さなお店で、
なんとはなしに話題を選びつつ、2人でグラスを傾けている時、
テーブルの上の携帯が、小さな音を立てました。

開いた画面には、

"I'm OK. I LOVE YOU."

d0078978_15164693.gif


信じるもののためなら、手段は選ばないという考え方も、
人が何かをする、その背景にある文化や歴史も、
一体、何が正しくて、何が間違っているかという判断も、
私には、正直、難しすぎて、うまく自分の中で整理が付かないけれど。

今なら、夫婦って、家族って、どんな存在なのか、とか、
そういう大切な人と離れて生活しているって、現実的にどういうことなのかとか、
愛する人を失うって、どんなに痛いかとか、
そういうことだけは、あの時よりもわかる気がします。

そして、折に触れて、あの、携帯のメッセージを思い出すのです。

"I'm OK. I LOVE YOU."

d0078978_15173352.gif
今日は、9月11日。
あの日から、7年が経ちました。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-09-11 22:11 | Daily Life

切なる願い

今日、2度目の更新です。
無事に、というか、すごく楽しい時間を過ごして、今、帰宅しました。

カルトレインの駅からは車だったので、
夜風に吹かれつつ、いい気分で帰ってきて、
車をしまうべく、ガレージを空けたら、

”なにか”が、たたたっとガレージの奥へ!

d0078978_16165732.gif


じつは、これには前日談があって、
少し前に、ガレージの中に停めてある私の自転車の上に、
”小動物の足跡らしきもの”があったんですよ。

d0078978_16175476.gif
隣のお宅でネコを三匹飼っていると聞いていたので、
「ガレージを開けっ放しにしてた時に、そのネコが入ったのかなあ」
なんて、その時は思ってたわけです。
まあ、それくらいならね、かまわないですし。

が、その後、今度は”小動物の糞”らしきものがガレージ内に。
さすがに、これはかまう。気になる。
あまり続くようなら、お隣さんに言ったほうがいいかなあと思いつつ、
でも、ネコだとしても、お隣さんのだっていう確証ないので、
様子を見ていた所だったのです。

今日のは、その矢先の出来事でした。

d0078978_16193843.gif


さて、ガレージの扉を全開にして
明かりをつけて、よく見てみると、
その”なにか”は、ガレージの壁と、積んである荷物の隙間に隠れている様子。

とにかく出て行ってもらわなくちゃ、
と彼と2人で荷物をどかしていったところ、
薄茶色のような、グレーのような毛皮と黒い目が。

なーんだ、やっぱりネコだったのね~と思ったその時。

その”なにか”が飛び出してきました。


そしたら、


そしたら、


それは、ネコではなく、


長くて細い尻尾を持った、


体長30cmくらいの、


しっかりとふとった、


”ねずみ”でした。。。。。。


・・・・せめてイタチだったら良かったのに。

今日のところは、ガレージからお引取りいただいて、
ガレージの床に、消毒効果もあるスプレーをしておきましたが、
果たして効果があるものかなあ。

また、出没したらどうしましょう。
あんなの、ネコにだって勝っちゃいそうだし(大きさ、同じくらいだし)、
HOME DEPOTにおいてあるネズミ捕りなんて、
うっかりしたら、踏んで壊せそうだし。

ああああ、どうか、どうか、もう、うちにはあらわれませんように。

ほんとに、夢に見そうです。(T-T)
今日の楽しい、サンフランシスコでの時間が吹っ飛んでしまいましたよ~。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-09-07 00:07 | Daily Life

週末の過ごし方

最近、週末といったら、
おいしいものを食べ、かつ、呑み、
友人たちとおしゃべりを楽しんでいるか、
2人でまったりしているか、の私たちなのですが、
(おかげで、2人してちょっと太った、気がする(笑))
今日は、これからサンフランシスコまで行ってきます。

4時過ぎのカルトレインに乗らなくては!
では、いってきまーす。 (^-^)/

d0078978_7141860.gif
Sammyの台所、更新しました。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-09-06 15:08 | Daily Life

ベイビー・ラッシュ

学生時代の同期が母になったとの連絡がありました。
今年は、私の周りはベビーラッシュ。
ブログに遊びに来ていただいているRubyさんnatsukoさん
そして、アメリカに来てからできた友人達も。

こちらだと、赤ちゃんが生まれる少し前に、
女の人だけ集まって、妊婦さんを囲んでBabyShowerというパーティーをするのですが、
先日呼んでいただいたBaby Showerは、
出席者13人のうち、今年出産した人が3人、現在妊娠中の人が7人。
それはもう、赤ちゃんネタ、妊娠・出産ネタで大盛り上がりでした。
こういう場にいると、少子化ってどこの話?って感じがしますね。

d0078978_1592810.gif

そんな今日この頃なので、
次の世代を生み出していく、そういう時期に来てるんだなあ、
なんてことも、考えてみたり。

お腹の中に生を受けて、
月満ちて産まれて、
日に日に成長して、
やがて大人になっていく、って、
当然のようでいて、全然当然じゃないって、改めて想ってみたり。

d0078978_14006.jpg


待ち望んでいるどこのお宅にも、可愛い赤ちゃんがやってきて、
生まれた赤ちゃんも、それを迎える家族も、
一緒に素敵な人生をあゆんでいけたら・・・・
                ―― そんなことを、切に願ったりします。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-08-25 22:55 | Daily Life

初めてづくし

引っ越しのことを書こう、書こうと思いつつ、全然書けていませんが、
それはそれとして。

明日、日本から、私の母、姪、甥がやってきます。
d0078978_1451565.gif


日本からのお客さまは、1年半ぶり。
家族が来てくれるのは初めてのことです。

"初めて"といえば、7歳の姪・甥にとっては"初めて"の海外旅行だし、
親から離れての長期旅行も"初めて"じゃないかと思うし、
母にとっては、単独(孫は一緒だけど)海外旅行は"初めて"の経験です。

我が家にとっても、3人もうちに泊まるというのは、"初めて"の経験。
少し前から、あれこれ準備を始めて、
ふとんやお茶碗を揃えて、
子供用のもの(甘口のカレールー、とか、おやつ、とか)も用意して、
こんな感じでいいのかしら、とおもいつつ、明日を迎えます。

3人がサンフランシスコ空港に着くのはお昼前。
三人がどんな顔して出てくるのか、カメラを構えて待っていたいと思います。
d0078978_1571130.gif

[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-07-24 23:38 | Daily Life

増殖中

以前、引越し先を探しているという記事を載せましたが、
先月中旬に引越し先が決まり、
今週末、引越しすることになりました。

そういうわけで、部屋の中では段ボール箱が増殖中。
見えないところに、まだまだあります。
箱も、荷物も。

さてさて、どんな引越しになるのかなー。

d0078978_77236.jpg

[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-06-10 15:06 | Daily Life