カテゴリ:Trip (Las Vegas)( 8 )

ラスベガス旅行5日目

ラスベガスの最終日。
お昼過ぎには飛行機に乗らなくてはならないため、チェックアウト後、軽く食事をして空港へ。

・・・・のはずが。

空港へ向かう道が大渋滞!
空港も混雑していて、レンタカーの返却場所から乗ったシャトルバスも、なかなか停車できません。
空港内に入った時には、既に搭乗開始時間も過ぎている!

大急ぎでチェックインし、エスカレーターを駆け上って、セキュリティチェックへ。
広い空港なので、ゲートまではトラム(モノレールのような乗り物)で移動。
時計を何度も確認しながら、トリムを降りて、観光ムードの空港内を走りに走って、何とか間に合って、機内へ!
本当に、焦りました~。 (><)


d0078978_13432521.gif



最後に、ラスベガスで見かけた乗り物の写真。

d0078978_13491629.jpg

これは地味ですが、
ラスベガスのタクシーは、どれも、すごく派手に広告(看板)を乗せています。
中には、かなり刺激的なものも。
でも、その広告料が入るおかげで、タクシー料金が他の場所に比べて少し安めなんだとか。


d0078978_13521196.jpg

乗ってみたかったのが、このバス。
ストリップ大通りの端から端まで走っています。

どれもこんな風に広告で覆われているので、
バスの中からは、どんな風に外が見えるのか、興味があったのです。

d0078978_13542631.jpg

モノレール。
ホテルの近くを走っていて、よく見かけました。

ストリップ大通りからは、
少し外れたところを通っていたようです。


d0078978_13565399.jpg

そして、
  ゴンドラです。(笑)

ここは、最終日に食事をしたホテルに隣接したショッピングモール、Grand Canal Shoppesの中。
ここが室内なんて、すごく不思議な感じ!

ヴェニスをイメージしていて、運河の他にはサンマルコ広場も。
空はいつも青空で、とても明るいです。





ここのように、ショッピングモールは“常に青空”だったり、
カジノはいつも夜の雰囲気だったり、
昼間よりも夜の方が、街が賑わっていたり。
ラスベガスは、時間の流れ方が他のところとは違っている場所、なのかもしれません。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-11-17 21:25 | Trip (Las Vegas)

ラスベガス旅行4日目

この日も、昨晩のにぎやかさが嘘のような、静かで人通りも少ないストリップ大通りへ。
夜は、ネオンの影に隠れてしまいますが、昼間は緑と水辺が目立ちます。
魚が泳いだり、鳥が羽を休めていたり、和やかな雰囲気も。

最初に行ったのは、Fashion Show
高級デパートが5店舗、そのほか70店舗ほどが入った、落ち着いた印象のショッピングモールです。
他のアトラクション色の強い場所ばかり見てきた後では、すごく“普通”に感じました。
長いメインストリートでは、その名のとおり、ファッションショーが開かれることもあるとか。
特にお目当てのものもなかったので、ふらりとウィンドウショッピング。

d0078978_11524083.jpg

合間に、初KFCで食事をしながら、休憩。

日本より、少し大きめ。
味付けも、少し濃い目かなという感じです。
お店のお姉さんオススメの、
甘いラズベリーアイスティーがよく合いました。



その後、1日目に行ったThe Forum Shopsへ。
今回のお目当ては、ここで行われている無料のアトラクション。

d0078978_1202388.jpg
こちらは、FESTIVAL FOUNTAIN SHOW。
真ん中にいる、お酒の神様バッカスが、音楽と光にあわせて動き、話し出します。
1時間に1回、5分程度ですが、なんとなくユーモラスな動きで、ほほえましい。



d0078978_1232069.jpg
そして、こちらが、ATLANTIS。
一番奥になるのですが、すごく混んでいました。
こちらも一時間に1回。
三体の像が、跡継ぎを巡る騒動を演じています。
 (英語なので、よくわからなかったけど(笑))
光や音、それに火も使った演出が結構な迫力。


昨晩のベラージオホテル前の噴水ショーもそうですが、
ラスベガスは、無料アトラクションがとっても豊富。
歩いているだけで楽しめて、ディズニーランドみたいなところだなーと思ったりしました。

ちょっとわかりにくいですが、これは、ATLANTISの行われる噴水の裏側です。
半円形の大きな水槽があって、色とりどりの魚が泳いでました。
ショーの待ち時間に見ていたら、ダイバーが餌をあげていたので、撮ってみました。
d0078978_130761.jpg


d0078978_1314160.gif d0078978_132272.gif d0078978_1321841.gif d0078978_133281.gif


d0078978_12143822.jpg

そして、そして。
この日の夜、この舞台に行ってきました!
シルク・ドゥ・ソレイユの新作「LOVE」。
会場で写真が取れなかったので、チケットだけですが・・・。


シルク・ドゥ・ソレイユ、大好きで、日本での公演も何度か観にいきました。
ラスベガスではいくつか公演を行っているので、できれば観にいきたいなと思っていたのです。

彼の仕事のことがあって予約もできず、2人でいけるのはこの日の夜が最後のチャンス。
ダメモトで、直接ミラージュホテルに行ってみると、10:30pmからの公演ならOKとの事。
即、チケット購入!
待ち時間に、カジノに初挑戦したら、スロットで6ドルが38ドルになったことも、気持ちを盛り上げて、かなりワクワクしながら会場へ。

このショーは、ビートルズのナンバーからインスパイアされたもの、とのこと。
最初から最後まで、身体全部でビートルズもシルク・ドゥ・ソレイユのパフォ-マンスも楽しめる贅沢なショーです。
客席も円形の劇場の一部として使われていて、より一体感がありました。
詳細は、こちらのHPをご覧ください。
斬新な部分と、シルク・ドゥ・ソレイユらしさとがミックスされていて、本当に、おもしろかった!
ビートルズ好きな方にも、シルク・ドゥ・ソレイユ好きな方にも、オススメです!!

ショーが終わったのは深夜12時をまわっていましたが、
ショーの興奮が冷めず、ホテルに戻ってからも、2人であれこれ話して夜更かししてしまいました。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-11-17 19:44 | Trip (Las Vegas)

ラスベガス旅行3日目 その2

この日の夜は、彼と外出。
ラスベガスに来て、2人で外出するのも、食事をするのも初めて!

8時過ぎに戻ってきた彼と、どこに行くか検討。
(このHPを利用しました。レストランの空席状況がリアルタイムでわかって、インターネット予約できるもの。とても便利です。)
日本食が食べたい、ということになって、The Forum Shops の sushi rokuへ。

d0078978_730494.jpgd0078978_7302339.jpg

きのこの陶板焼き“Sizzling Mushroom "Toban-yaki" in Ponzu Citrus”と、
牡蠣の上にサツマイモの天ぷらがのっている“Pan Fried oysters on Sweet poteto Tempura w/Ikura Caviar”。

d0078978_7312194.jpgd0078978_7315018.jpg

Rollsを二種類。“California”と“Baked Lobster with creamy Miso Sauce”。
それに、本日のオススメからチキン。(名前を忘れてしまいました・・・)

d0078978_7322348.jpg


そして、お刺身!
こっちに来て、初めて食べましたーーーー。
普通のお刺身で、普通においしい♪





こちらに来て、日本食レストランにいったのは初めてですが、
すごく意表をつかれた(特に、ロブスターの巻き物!)けど、すごくおいしかった。
こういう組み合わせ、味わい方もあるんだなー。

どれも、(お刺身以外は)慣れ親しんだ和食ではないのだけど、
きっちり、“おいしい和食をいただいた”という満足感があるお料理でした。

お店を出たのは、11時過ぎ。
外は、昼間以上の人手です!街中が、人、人、人!!そして、明るい!!!
華やかなイルミネーションを見ながら、そのままストリップ大通りを歩いて、べラージオへ。
12時までの噴水のショーに、何とか間に合いました。


d0078978_863253.jpg
有名な噴水のショーは、
音楽に合わせて、水が踊っているよう!
こちらまで楽しくなってきます。
できれば、何度も見たかった!!
 (写真は、こちらから引用)




これが砂漠の真ん中なんて、とても、思えないですね~。贅沢な話です。



d0078978_8123560.gif


レストランに行って思ったこと。 

彼が、時々、“こちら(=アメリカ)の日本食は独自に進化している”と言います。
今回、初めて日本食レストランに行ってみて、ほんとにその通りだなあと思いました。
日本なら、この味は味わえなかったのかもしれません。

変わらないまま受け継いでいきたい良さもあるけれど、
違う場所・文化の中で、多くの人に愛される形へ変化していくというのも、自然なこと。
どちらも大切にしていけたら、素敵じゃないかな、と思いました。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-11-16 15:17 | Trip (Las Vegas)

ラスベガス旅行3日目 その1

この日は、ゆっくり起きて、昼前に外出。
外はとても暑くて、ノースリーブに短パン、サンダル、という格好の人も。

  * 砂漠の中で乾燥している場所なので、昼間暑くて夜は寒い、とはきいていましたが、
    11月でもこの暑さ、というのはびっくり! 
    真夏には、どんな風になってしまうんだろう、と思ってしまいます。 

d0078978_6563011.jpg

ホテル前からタクシーに乗って、
 ラスベガス・プレミアム・アウトレットへ。






サンフランシスコ出身というドライバーが、数ヶ月前に日本に行ってきたよ、と話をしてくれました。
成田から東京駅までは電車、その後、長距離バスで大阪へ。さらに名古屋に移動して観光してきた、とのこと。
すごい行動力!日本にいても、その行程で旅行しようなんて考えもしないなーと思いながら聞いてました。

が。話よりも気になっていたのが、チップ。
チップの計算、習慣にはなかなか慣れないです。
どこでどの位、どんな風に渡せばいいのか、まだまだ、まだまだ考えてしまいます。
この時も、頭の中で、チップの額を計算しながらドキドキしていました。(笑)


d0078978_6372944.jpg


プレミアム・アウトレットまでは、15分ほどで到着。
有名ブランドをはじめ、120店以上のお店があり、人で賑わってました。



キッチングッズや雑貨、コスメのお店も多くて、見ているとあれこれ欲しくなってしまいます。
子供服を扱ったところも多くて、かわいい洋服がたくさん!
姪っ子や甥っ子の、最近のサイズを確認しておけば良かった~!!と後悔しながら、見てきました。


d0078978_654933.jpg


結局、ウィンドウショッピングを楽しんで、
ホテルで使おうと(すごく乾燥しているので!)、
L'Occitaneの小さなボトルをいくつか買って、帰って来ました。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-11-16 13:30 | Trip (Las Vegas)

ラスベガス旅行2日目 その2

帰りの飛行機は、午後3時過ぎに離陸。

d0078978_727749.jpg


渓谷、広い広い地平線などを見ながら、
 スケールの大きさを実感。







d0078978_7272761.jpg

途中、なんだか焦げ臭いなーと思ったら、
山火事でした!!







d0078978_7274978.jpg



飛行機から見える、どんな荒涼とした場所でも、そこには道があって、思いがけないところに家が建っていたりして驚かされます。







そんな景色を、ぼーっと見ながら、アメリカという国についても考えることなく考えました。

地図を広げて、おもむろに引いた線の通りに道路を作ってしまうような、発想と行動力、自己効力感の高さ、そのエネルギー。大雑把といえば大雑把。豪快といえば豪快。
そんなイメージ。
持っているスケールが、文字通り、違うんだろうな。
比べるべくもない、とでもいうんでしょうか。

d0078978_7593325.gif


そんなことを考えているうちに空港に到着。
・・・・と思ったら、職員の方が次々と滑走路に並び、写真を撮ったり拍手をしたり。
なんだろう????と思っていたら、来た時とは別の、新空港に着陸していたのでした。


実は、航空会社の移転に伴って空港もお引越し。
明日からの本格始動に向けて、私達が乗った飛行機が、記念すべき、新空港の初利用便となったのです。


d0078978_7551713.jpg

でも、空港といっても、簡単なつくり。
しかも、まだ工事中。

明日からの利用に間に合うのか、
  人事ながら心配してしまいました(笑)






* おまけの話 *

グランドキャニオンに行くには、いくつか方法があるのですが、その1つが電車。
ただ、この電車、1日に1本しか走っていないのだそうです。
私が持っているガイドブックには載っていなかったのですが、
ご存知の方、いらっしゃるでしょうか?

d0078978_78057.jpg

たまたま、移動中に、その電車が停まっていました。
この電車、とてもおもしろい趣向がこらしてあって、大人気なんだそうです。

機会があれば、ぜひ♪



d0078978_714862.jpg
そして、
“グランドキャニオンに行くなら、
    もちろん乗ってくるんでしょう?”
と、からかわれたのがこちら。

 ラバです。




人を乗せて谷を歩くよう訓練されていて、事故もなく、とても安全。
ただ、道の端ぎりぎりを歩くので、乗っているお客さんが怖くなってしまって、とても乗っていられなくなって、降りてしまうこともあるんだとか。


d0078978_8134865.gif

そして、おまけのおまけ、のような話ですが。

この国立公園内、公園を守るレンジャーを始め、数百人が住んでいて、銀行や学校、病院など、生活に必要なものはすべてそろっているんだそうです。
そして、公園内の学校の出席率は全米No.1。
数年前には、高校の卒業生20人のうち18人が、国からの奨学金で大学に進学したという、優秀さなんだそうです。
なんだか、納得できる話ですね。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-11-15 15:03 | Trip (Las Vegas)

ラスベガス旅行2日目 その1

この日は、グランドキャニオンのツアーに参加。
こちらの会社の、小型飛行機での往復と公園内のバス観光がついた約9時間のツアー。

金額的にちょっと高いな~と、バスを利用するツアーとどちらにするか迷ったのですが、
思い切って、バスではなく、飛行機を使用するツアーにしました。

当日の朝は、7:30にホテルに迎えに来てくれた車に乗って、空港へ。
ツアーへの1人参加は初めてなので、少し緊張しながらチェックイン。

d0078978_2595813.jpg


今回乗ったのは、こちら
20人ほどしか乗れない、
 とてもとても小さな飛行機です。





私は一番前の座席だったので、一番最初に乗り込んだのですが、天井も低くて、中腰じゃないと天井に頭をぶつけてしまうほど!
乗り込む時に、何度も、“頭に注意してね!”と言われました。
d0078978_303278.jpgd0078978_305148.jpg

操縦席もとても狭くて、パイロットが大きな身体を窮屈そうに押し込んでいました(笑)
機内では、各国語でのガイドも。
d0078978_313416.jpgd0078978_315310.jpg


d0078978_321762.jpg



離陸直後、
 下を見ると、きれいに並んだ住宅街。





あとから聞いた話によると、ラスベガスは、最近、住宅も住人も急増。
この辺りも、数年前は無人の砂漠で、ストリップ大通りを中心とする一帯以外は何もなく、本当に、“砂漠の中に忽然と現れた不夜城”という表現がピッタリだったんだとか。

d0078978_324365.jpg

そんなラスベガスの町を後に、景色を楽しんでいると、木もほとんどない山並みの中に、澄んだ、きれいな湖。



不思議な風景だなー、と眺めていると、
これが、「レイク・ミード Lake Mead」。
フーバーダムによってできた人造湖でした。






写真の中ほど、プロペラの先に見えているのがフーバーダムHoover Damです。
d0078978_33459.jpg




飛行機は、乗る前に脅かされていたほどは揺れず、無事にグランドキャニオン空港へ到着。
ここからはバスに乗り換えて、国立公園内に向かいます。

d0078978_334967.jpg
最初に向かったのは、
 マーサー・ポイント Mather Point。


このグランドキャニオンを国立公園にし、環境保護に力を尽くしたStephen Tyng Mather氏に因んで名前がつけられた場所。
広大な公園内で、人名がつけられているのはここだけなんだとか。







自然岩を利用した展望台に立つと、見渡す限り、何重にも重なった地層をみせる断崖。
15km以上離れたノースリムが、少し霞んで見えています。
d0078978_34164.jpg


次に向かったブライト・エンジェル Bright Angel でも、ただただ圧倒されるばかり。
d0078978_343553.jpg

d0078978_345337.jpg
d0078978_35993.jpg
















月並みな言い方ですが、自然の偉大さ、壮大さは、人間の存在の小ささを感じさせますね。
圧倒的な存在感でした。
写真なんかでは、収まりきれないですねー。

今回は、昼のツアーでしたが、
グランドキャニオンの素晴らしさは、なんといっても光と影のコントラスト。
現地では、満月の夜に谷を歩くツアーというのも企画されていました。
月あかりのグランドキャニオンは、さぞ幻想的でしょうね!
次はぜひ、挑戦してみたいものです。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-11-15 10:44 | Trip (Las Vegas)

ラスベガス旅行1日目 その2

ホテルを出て、最初に向かったのは、
ラスベガスの老舗ホテル「FLAMINGO LAS VEGAS」内にあるJCBプラザ
JCBプラザは時々利用しますが、日本語で色々なサービスが受けられるので便利。
今回のお目当ては、グランドキャニオンへのツアーです。

比較的空いていて、すぐにツアーの手続きが終わって、ホテルの中庭をぶらぶら。
緑も多く、日当たりが良くて静かで、すぐそばに大通りが走っていることが嘘のよう。
広いプールやウェディングチャペル、本物のフラミンゴをはじめとする鳥たちがいる池などがあって、ちょっとした公園みたいです。

d0078978_427113.jpg











d0078978_4264459.jpg












11月ということで、ほとんどのプールはクローズしていましたが、
一部、開放している所では数人の女性が水着姿で寝そべっていました。



d0078978_599100.jpg




フラミンゴ・ラスベガスを後にして、
次にいったのは、ここ!
 フォーラムショップスです。









ラスベガスに数あるショッピングモール、アウトレットの中でも、ここは新しくて、アトラクション的な要素もたっぷり。
古代ローマをイメージした建物も、存在感があります。

d0078978_517398.jpg





中に入ると、大理石の柱がガラスの天井を支え
3階までの高い吹き抜けに、
      らせん状のエスカレーターが。






d0078978_5164247.jpg



奥に進むと、空を模した天井が、
      時間と共に変化していきます。

石畳の町並みの両側には、ブランドショップやレストラン、カフェ、ところどころにある広場には、彫刻や噴水も。






まるで、どこかの町を散歩しているような気分を味わえます。
雰囲気が良くて、歩いているだけで楽しくて、滞在中、3回も足を運んでしまいました。
色々なお店が、100店舗以上も入っていて、とにかく広い!!
結局、この日は全部廻ることができませんでした。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-11-10 12:35 | Trip (Las Vegas)

ラスベガス旅行1日目 その1

d0078978_8363517.jpg

更新が滞っていた、2日から6日までの5日間、
彼の出張にくっついて、
       ラスベガスに行ってきました!




当然、彼は仕事があるので、日中はもちろん、夜もほとんど1人。
“初☆ラスベガス”ということで、あらかじめガイドブックなどでいろいろチェックしていって、あれこれやってきました。
そんな5日間のこと、少しずつ、載せていきたいと思います。



11月2日(木) 旅行1日目
8:12amにサンフランシスコ空港を飛び立って、1時間半ほどでラスベガスに到着。
飛行機を降りると、空港の中に既にカジノが!
さすが、ラスベガス!!
ショーの看板もあちこちにあって、雰囲気を盛り上げています。

空港からはレンタカーで移動して、おいしいと評判のBELLAGIOのバフェで昼食。
このホテル、中に庭園があって、私達が行った時には秋らしいディスプレイに。

d0078978_9163973.jpg




d0078978_9171819.jpg
















ここは、ラスベガスで最も格調高い、と言われているだけあって、
お庭だけでなく、美術館があったり、ロビーに飾られているものも著名なアーティストの作品だったりで、とても素敵。
HPを見ると、お部屋も素晴らしくて、いつか泊ってみたいなーと思わせるホテルでした。


その後、今回私達が泊まるWESTIN CASUARINA HOTEL & SPAへ。 
まだ時間が早く、部屋が準備されていなかったため、
チェックインの手続きだけ済ませ、荷物を預けて、彼と同僚の方は仕事へ。
私は、再び、ラスベガスの中心、ストリップの方へ向かいます。 
                            (→ ラスベガス旅行1日目 その2へ。)
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-11-08 16:17 | Trip (Las Vegas)