運転免許証の失効手続き その2

さて、前回に続き、失効手続きのこと。
今回は、大変だった、というよりも、びっくりしたこと、です。

d0078978_1446812.gif


海外滞在中で住民票が日本国内になく、
日本に一時帰国して手続きをする場合、
「居住証明書」が必要となります。


「居住証明書」
とは、名前のとおりですが、
こちらによると、
"滞在先である実家等が住所であることを証明する書類”
 (本人宛の郵便物やそこに滞在していることを証明する書類
  (実家の世帯主等が作成したものなど。))”
・・・となっています。

書類は、書式が決まっている場合もありますし、(例えば、千葉県ではこんな感じ。)
必要項目だけ指定されて、特に、様式は決まっていない場合もあります。

また、実家が一時滞在先の場合、
"実家の世帯主(ご両親)の住民票の裏側に居住証明書を記載する"という方法や、
ホテルに一時滞在している場合には、
"そのホテルの管理者(支配人等)に居住証明を書いてもらう"、という方法もあります。

 * しつこいようですが、詳細は、各都道府県によって異なります。
   ご自身が手続きされる際には、警察や免許センターにご確認ください。
 





さて、私はどうしたかといえば、
調べた情報を参考にして、
自分で、wordを使って居住証明書を作り、印刷して持って行き、
実家に帰ってから、母にサインと判子をもらいました。
それに加えて、念のため、母に住民票を取っておいてもらいました。

これで完璧、と思っていたのですが、中央警察署に確認したら、
"居住証明書は、家族の証明ではだめなんですよ・・・。"
というではないですか!

なんですって?!と思い、"じゃあ、誰なら?"と聞いたところ、
返ってきた返事は、

「そうですね町内会の会長さんとか、組長さんとか、あとは会社の方とか・・・。」

ん?町内会長さん??

組長さんでもいいの???

っていうか、そんなんでいいの????

しかも!

「あ、名前と住所は、お手数ですが、手書きしてもらってくださいね。
 時々、町内会長さんなんかだと、
 名前と住所を彫ってある判子を作ってらして、
  それだけ押して、済まされる方もいらっしゃいます
から。」

との注意もあり。

いやあ、たしかにうち、田舎ですけどね、
町内会の活動って、割にしてますけどね(実家では)、
町内会長さんが、専用に判子を作って持ってるなんて、聞いたことないですから。

それよりも、なによりも、

この時代に、静岡では、町内会長さんってそんなに力を持ってるの?

ということに、びっくり。

いやあ、すごい。

昔なつかし「隣組」のようではないですか。

ちなみに、うちの実家の方では、組長さんは交替制。
たまたま、今の"組長"当番は、親しくしている裏の家の方だったので、
母が、すんなりともらってきてくれました。
いやはや、ご近所づきあいのある家でよかったです。

これ、静岡だけなんでしょうかね。
他の県でも、同じような状況なのか、すごく興味があるところです。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-12-15 20:48 | 各種手続き(運転免許)
<< 師走 運転免許証の失効手続き その1 >>