BUMP!

d0078978_1702337.gif

先週からテニスを習いだしたので、
今日も早朝から(平日よりも早起きして)クラスに参加してきました。



今日はハードだったけど、楽しかった~なんて思いつつ、車に乗り込み、
入ってくる車が途切れたところを確認して、バックし始めた瞬間、
"と、とんっ!"というような音と、いやーな圧迫感が。

ちょうど、私の真後ろに停まっていた車も、同じようにバックで出ようとしていて、
(アメリカでは、ほぼ100%の車が前向き駐車してます)
2台の車が、ちょうど真ん中辺りで、衝突したのです。

アメリカに来てから、何度か壁にすったことがありますが、
他の方の車にぶつけたことは、初めて。

あああああ、やってしまったーーーーと思いながら、
慌てて、車を元の位置に戻し、車から降りて、相手の方のところへ。

相手の方も同じように出てこられて、
お互いに、大丈夫ですか?と声をかけ、互いの無事と事故の状況を確認。

幸い、どちらもスピードが出てなかったので、衝撃も少なく、怪我もなく、
うちの車のバンパーが少しへこんで、かすり傷がついた以外は、特に問題なく、
相手の方の車に至っては、ほぼ無傷。

"こちらはダメージがほとんどないから修理の必要はないし、
 君次第だけど、どうする?保険会社に電話する?"
と、相手の方にきかれたものの、
なんと言っても初めてのことなので、どうしたらいいかわからず、
ちょっと待っていただいて、家にいた彼に電話。
事情を話し、保険会社の書類が入っている場所を教えてもらって、
相手の方と連絡先を交換する事に。

”名前、電話番号、車のナンバー、各々の保険会社の電話番号、ポリシーナンバー"
を、それぞれ書いて交換し、
こちらが保険会社に電話するかどうか(つまり、修理に保険を使うかどうか)を決めたら、
相手の方にその旨連絡する、ということを決めて、お別れしました。

その後、帰宅して、彼に車の傷を見てもらった結果、
今回は保険を使わないことになり、先ほど、その旨、先方に連絡したところです。

d0078978_1725141.gif


実は、少し前に、信号待ちをしている目の前で車の事故がおきたことがあって、
"自分が事故にあったら、どうしたらいいんだろうなあ"と、考えていたところでした。

今回の事故は、幸い、どちらも大きなダメージがなかったし、
相手の方も良い方だったけど、それでも結構動揺して、震えがきたし、
これがもっと大きな事故だったら、と思うと怖くなります。

日頃から、事故にあったときの対応を考えておかなくちゃいけないとも思ったし、
"注意一秒、怪我一生"って、当たってるなあと思った出来事でした。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-09-27 23:55 | Daily Life
<< Ridge Vineyards First travel to... >>