First travel to California -6th day-


ヨセミテ国立公園2日目は、”Mariposa Grove(マリポサ・グローブ)"へ。
ガソリンの残量がちょっと不安だったので、
途中、Wawonaでガソリンスタンドに立ち寄りました。
  (ヨセミテ内のガソリンスタンド情報はRead Moreへ)
夜の間に落ち葉で汚れたガラスもきれいにして、出発。
d0078978_15261144.jpg


マリポサグローブの森の中は一般車は立ち入り禁止です。
駐車場からシャトルバスに乗って、森の入り口まで行き、そこからトレイルへ。
トレイルをトラムでめぐるツアーもありますが、
私達は、歩いて"Grizzly Giant(グリヅリー・ジャイアント)"を目指しました。
d0078978_15265336.jpg

写真の奥に見えるのが、そのグリヅリー・ジャイアント。
公園内のジャイアントセコイアの中でも最大で、根元の直径は約8.7m。
推定樹齢2700年!!
日本で言えば、縄文時代に生まれて、今まで生き続けている木です。
今までに何度も落雷の被害を受けているために、
高さ62mで成長がとまってしまい、しかも傾いているという個性のある木でもあります。

グリヅリー・ジャイアントの近くにある、トンネルの木、
"Califorunia・tree(カリフォルニア・ツリー)"。
d0078978_1527980.jpg

馬車や車が通っている写真で有名な"Wawona Tunnnel Tree”が倒れた後、
トンネルの木第2号として1895年にトンネルが掘られ、
ダメージを受けたにもかかわらず、今でも生きて成長しているそうです。

こういった木の"損壊"は、今では許可されてはいません。
でも、この2本の木の存在がマリポサ・グローブを有名にし、
ヨセミテ国立公園の一部に編入されるのにおおいに役立ったのだとか。

これら以外にも、大きな木がそこかしこに見られました。
樹齢数千年という木々。
遠い遠い昔の人々が、精霊が宿る、と考えたのがわかる気がします。
d0078978_1529061.jpg


マリポサグローブを後にして、向かったのは"Glacier point(グレイシャー・ポイント)。
標高約2200mの山頂から、ヨセミテバレーを一望することができます。
d0078978_15292919.jpg


目の前には、Half Dome(ハーフドーム)も。
標高2693mのこの岩壁。
トレイルもあって、時期によっては上まで登ることもできます。
ただし、とても大変なコースで、
最後はほぼ垂直?!というようなところを、ケーブルに掴まりながら上っていくんだとか。
d0078978_15295479.jpg


景色を堪能して、軽食を取ったあとは、
絶景ポイントのTunnnel View(トンネル・ビュー)を通り、
花崗岩として世界一大きな一枚岩”El Capitan(エル・キャピタン)を登る
ロッククライマーをみながら、ヨセミテバレーを抜け、帰路につきました。
d0078978_15302534.jpg


d0078978_1655830.gif
この日、思っていたこと。感じたこと。
 こども目線の旅日記は、こちらから。→ 「ナッツ アメリカへいく⑤」





Read Moreはヨセミテ公園内のガソリンスタンドについて。

ヨセミテ内でガソリンが入れられるところは限られていて、
Tioga RoadとBig Oak Flat Roadの交差する辺りと、
Toulmine Meadows、
それに、Waonaの3ヶ所のみです。
 (Waonaは、夏のみの営業。)

山道のせいか、思ったよりもガソリンの消費が早い気がしました。
公園内もひろいし、早め早めに給油しておくと安心だと思います。



Read more and more・・・

d0078978_15334035.jpg

これは、帰り道でみた風力発電。
見渡す限り続く丘の稜線に沿って、
たくさんの白いプロペラが回っている風景は圧巻でした。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2008-08-29 23:31 | Travel with Kids
<< 黒猫の愛読書 First travel to... >>