距離が教えてくれるもの。時間が教えてくれるもの。

中学校時代の仲間たちに会ってきました。

中学校を卒業した頃には、年に1度は会っていたかと思うのだけど、
それぞれが家庭を持ったり、引っ越したり、
だんだん会う機会も減っていて、数年ぶりに会う人も。

それでも、会えば、感じるのは懐かしさよりも、その場所に戻っていくという感覚。
座る位置や、雰囲気、話題の展開や関係性、
そういうこと全てが、当たり前のようにそこにある。

確実に時間は過ぎていて、それぞれが変わっていっているのだけど、
彼らの彼らたる部分は変わっていなくて、それに安心したり、
どんどん磨きがかけられていく彼らの可能性に、わくわくしたり。
なによりも、ただただ単純に、会えたことが嬉しかった。

離れているその距離が、時間が、教えてくれるものがある。
そんなことを感じた夜でした。
[PR]
by SammyFelix2006 | 2006-09-29 23:31 | Daily Life
<< ダンボール2箱分 背筋を伸ばして歩く場所 >>